脳幹活性ペンダント「イフ」の構造

ペンダントヘッド中央に内臓されている情報体は、幅約1mm、厚さ約0.1mmと

極めて小さい半導体のチップです。

これが脳幹と共鳴する理想的な波動(振動)を発しています。


半導体のチップが、なぜ脳幹に良いのでしょうか?

それは、そもそも全てのものは、目に見えなくても、波動(微弱振動)を発しています。
(音、超音波、磁力、電磁波など)

イフの半導体からも微弱な振動が発生しています。

ただし、半導体であれば体に良いというわけではありません。

半導体も素材、形、厚みによって、全く異質の波動になってしまいます。

イフの半導体は、体に良い波動(振動)をいつでも再現性があるように

素材、形、厚さを加工しています。


イフ.jpg

↓脳幹活性ペンダント「イフ」のご購入、商品詳細はコチラから!
動物本来の自然治癒力UPでペットの病気が回復!!


アフィリエイトはエーハチネット


この記事へのコメント
ペンダントにかなり興味があります。たしか整体院の院長が奨めているんですよね。

犬専門なんですね。私のブログにも、ときどき犬が登場します。

ポンポン
http://nekot31.seesaa.net/
Posted by Storemixer at 2005年12月10日 14:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。